FC2ブログ
プロフィール

うたの家族A

Author:うたの家族A
 *
【うた】
トライカラーのおんなのこ
2010年11月20日生まれ
得意技:ほふく前進
好きな言葉:目的地(カーナビ音声限定)
 *
【うたの家族A】
うたのメイン世話係
ブログ担当
 *
【うたの家族B】
うたのサブ世話係
爪切り担当

月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
うた、心臓の精密検査再診(3回目)
12月23日(日)。
心臓の状態を確認すべく、3回目の精密検査へ。

1回目 2018年 3月22日(木)
2回目 2018年 6月24日(日)


心臓検査3回目01
☆超・超・キンチョーー!☆


【診察内容1】 D:先生 A,B:家族A,B

D:その後、変わりはないですか?
A:水曜日にお腹を壊したのでかかりつけ医に行った際、
 雑音がはっきりと聞こえるようになったと言われた

D:咳をするようになった?
A:少しするようになった気がしたので、注意してみたところ、
 膝の上に丸まって寝ているときに咳込むことが多くなった
 それ以外の日常生活で咳が多くなった様子はない

・体重:5.20kg

D:お腹壊してましたからね
A:回復のため食事量を減らした
D:お腹はもう大丈夫ですか?
A:回復傾向です

D:ひととおり検査するので、30分ほどお時間いただきます

うただけお預かりして外出。
30分後、再度病院へ。


【診察内容2】

D:胸部レントゲン
 心臓のサイズを見たところ、ほぼ前回と同じ大きさと思われる
 VHS(胸骨心臓サイズ):10.5(正常範囲 <10.5)

D:超音波検査
 僧房弁は前回同様に辛うじて閉じているが、
 前回よりも逆流する量が増えている→雑音が大きくなった原因
 ただ、心臓の肥大は見られない
 →左心室(LVIDDn <1.73):1.67 正常値
 →左心房の数値(LA/AO <1.57):1.19 正常値

D:ステージ分類:B1(逆流あり 心拡大(-))から変わらず
 →現状では投薬不要と診断します

A:かかりつけ医で、今の状態は診察する先生によっては
 薬を始める/始めない が分かれる時期だと聞いた
D:確かに、医師によっては投薬を開始するケースもあるが、
 現ステージでは投薬治療での効果があるとは言えない

D:心臓以外では、胆のうに影が出ている
A:その影は何ですか?
D:お腹を壊して薬を飲んでいたのでその影響かもしれないが、
 場合によっては取り除かないといけない石かもしれない
D:今回の心臓検査結果と合わせて胆のうの影についても
 かかりつけ医に連絡しておくので、近いうちに受診してください

D:ほかに気になることがあればお伺いします
B:ハアハア息切れしてから回復が遅くなったように思う
 2時間くらい運動させたりするが、大丈夫か?
D:2時間は少し多い気がする 体調を見ながら休ませるようにしてください

D:次回、半年後に診察しましょう
 ただし、変化が見られたら半年を待たず受診してください

半年後の診察を予約して帰宅。


心臓検査3回目02
☆テンションダウンだよ☆

気持ちとしては薬に頼りたいところなんだけど、
今の段階では投薬しても効果には繋がらないということで、

今回も生活指導的なことだけで、次回まで経過観察のみ。

もう、逆流は仕方ないので、
心臓肥大が進まないことを祈るばかり。。


にほんブログ村 犬ブログ キャバリアへ
お出かけと思ったらまた騙された!うたにピコっ!



うた心臓精密検査 | 【2018-12-23(Sun) 23:30:10】 | Trackback:(0) | Comments:(2)
うた、心臓の精密検査再診(2回目)
6月24日(日)。

3月22日(木)に受けた循環器専門医での再診へ。


うた心臓検査再診2回目01
☆うたソワソワ(病院嫌い)☆

初診にて、僧房弁の開閉異常と少量の逆流、
わずかな左心室肥大が見られたため、

症状が早く進行している状態かどうかを見極めるため、
通常6か月後のところを3か月後再診、という流れ。


【診察内容1】

・体重:5.42kg

・聴診:軽微な雑音あり

どちらも前回とほとんど変わらず。
再診は1時間以内で終わるとのことで、うただけお預かり。


【診察内容2】 D:先生 A,B:家族A,B

・胸部レントゲン検査

うた心臓検査再診2回目02

 D:左が今回、右が前回のレントゲン
 D:前回よりもシュッとしたように見える
 A:というと?
 D:見た目に、今回の方が心臓のサイズが小さい

 VHS(胸骨心臓サイズ):10.8(正常範囲 <10.5)


・心臓超音波検査

uta_180624_02up_js2.jpg

 D:左心室のサイズを示す数値(LVIDDn <1.73):1.66
   前回は1.77で若干の肥大が見られたが、
   今回は正常値内で肥大は見られない
 D:僧房弁の動きは前回同様に問題あるが、逆流は少ない状態(↑写真)を保っている


【総括】

D:呼吸のタイミングやその日の体内水分量で心臓の大きさは変わるため、
 今回のような数値変動は起こり得る

D:少量の逆流があるものの、本人の体調も良く呼吸も正常、
 前回と今回のレントゲンと超音波の結果からも、
 現在の状態が急激な変化によるものではないと判断できる
 よって、次回の検診は6か月後で問題なし

D:ただし、キャバリアは症状が急変することもあるため、
 異常が見られたら半年を待たず受診すること

B:散歩中など、呼吸がハアハア荒いときは運動をやめるべき?
D:特に今の暑い時期など、犬は汗をかくことができないので、
 呼吸で体温をさげているときにハアハアと息が荒くなる
 息が荒くても歩くスピードが落ちず普段と変わりないようであれば、
 そのまま運動を継続しても問題なし
 ただし、座り込んだり歩くのを拒否するようであれば、運動を停止すること

そして、
半年後の診察を予約して帰宅。

  
うた心臓検査再診2回目04
☆ご褒美は?☆

まさかまさかの、現状維持以上の良い結果?

いやいや、つまり、
日によっては数値が良かったり悪かったりして、
うたは今ちょうど、狭間にいるってことなんだよね。

もう何度も、同じ解釈してるけど、
油断しがちな自分たちに「ちゃんと見ててね」って
うたがサインを送ってくれたということで。

おつかれさま。うた。
現状維持、目指そうね。


にほんブログ村 犬ブログ キャバリアへ
ご褒美はホームセンター希望。うたにピコっ!



うた心臓精密検査 | 【2018-06-24(Sun) 23:45:10】 | Trackback(-) | Comments(-)
うた、心臓の精密検査を受ける
早いもので、うたは既に7歳。
キャバリアだけあって、特に心臓疾患が気になる年齢。

かかりつけのお医者さんによる定期健診(聴診)では、
「うーん、微妙」
「雑音が聞こえるかなーどうかなーといった感じ」

などと、なんともモヤモヤする診断から進展なく、
とりあえず塩分を控えるフードに切り替える対処のみ。

あまりにもスッキリしない状態が続いていることと、
うたの様子を見ていて少し気になったことがあり、

しっかりと検査してもいい時期かな、ということで
3月22日(木)、循環器専門のお医者さんへ。


うた心臓精密検査を受ける01
☆うた的ヤな予感☆

【診察内容1】D:先生 A:家族A

・体重:5.4kg
  A:体重増えました
  D:もっと増えても大丈夫。痩せているのでむしろ増やした方がよい
 
・聴診:雑音あり
  D:聴診だけだと、6段階のレベル2(軽度の雑音)
  A:妥当というか、年齢と比較するとどうなんですか?
   症状が出るのが早いとか遅いとか・・・
  D:キャバリアなので、年齢的には特別早くも遅くもない

  D:現在の心臓がどのような状態なのか、より詳しい検査をします

ここで、うただけお預かり。人だけ一時帰宅。
1時間ほどで着信あり。再び病院へ。


【診察内容2】

・血液検査
 ・CBC(セルタックのみ)
 ・血液生化学検査
 ・IDEXX(犬NT-proBNP)
・血圧測定
・心電図検査
・胸部レントゲン検査
・心臓超音波検査

D:血液検査では大きな所見なし
 基準値外の3項目は、気にしなければならないレベルではない
 BNP濃度は正常(心臓に負荷がかかっていない(後日電話にて連絡))

D:心電図は異常なし(不整脈なし)

D:レントゲンを見る限りでは、心臓が若干大きくなっているようにみえる
 心臓のサイズを換算すると、ごく僅かな肥大がみられる
 (VHS <10.5)11.0

D:心臓の動きを超音波検査で見ると、僧房弁の開閉異常がみられる
D:僧房弁が開き過ぎているので、そのタイミングで血液が逆流している
D:ただし、まだ心臓の肥大が小さいため、正常ではないものの
 弁が閉じた状態になるので逆流が少ない⇒なので、雑音が少ない
D:左心室の数値(LVIDDn <1.73)1.77
 レントゲン所見のとおり、左心室に若干の肥大がみられる
D:左心房の数値(LA/AO <1.57)1.51 正常値
D:三尖弁は動作数値ともに正常値内

D:僧房弁閉鎖不全症のステージ分類では「B1(逆流あり 心拡大(-))」
D:心臓の状態からすると、いつB2になってもおかしくないが、
 ステージの進行は個体差があるため、進行スピードは判断不可能

D:通常は6か月後の検診だが、3か月後に再検査することをおすすめします
 この状態でキープしているのか、症状が進行しているのか判断するため

D:総合的な診断としては、心臓以外は異常なし


【今できる対処】

A:現在のところ、苦しいとか自覚症状はある?
D:このレベルだと、自覚症状はない

A:今、対処として塩分を控えるため心臓サポート系のフードと
 普通のフードを混ぜて与えている
D:その対処で問題ない 塩分をまったく取らないのもよくない

A:現段階で投薬は必要?
D:ステージB1では不要

A:水泳、トレッキング、散歩量等、外に連れ出すことが多く、問題はあるか?
D:普段から運動量が多いようなので、心臓のことを気にして
 運動制限する方が筋力低下や精神的なストレスがよくない
D:目安として、人間と一緒に動く(=人間が動けるレベルの)運動であれば問題ない
 犬だけが身体を動かしていると、運動量が多くなり過ぎることがある
 たとえば、ボールを投げて持ってくる運動を犬だけが延々とするのはよくない
A:モッテコイも水泳も短時間にします

A:雪の中を歩いたりもするが、大丈夫?
D:冷凍庫の気温から急激に夏の気温になるなど、
 急激な気温差がなければ日常生活での気候は気にしなくてもよい

A:今できることは?
D:変化を見逃さないように
 安静時(睡眠時)の呼吸数を普段から測るようにしてください
 20~30回/分が目安


うた心臓精密検査を受ける02
☆お出かけと思ったのに超ガッカリ☆

あまりよくない結果とはいえ、
今うたがどのような状態にあるかは、とてもよく分かった。
(簡単にまとめたけど、もっと詳しく丁寧に説明してもらいました。)


うた心臓精密検査を受ける03
☆Aの枕を陣取るうた☆

とはいえ結局、今できることがそれほどなくて、
どうしようもないんだけど、

せめて今の状態が長く続きますようにと祈るばかり。


にほんブログ村 犬ブログ キャバリアへ
健康系は早く記録しないとダメだなあと痛感するうたにピコっ!



うた心臓精密検査 | 【2018-05-23(Wed) 22:57:01】 | Trackback(-) | Comments(-)
前のページ