FC2ブログ
プロフィール

うたの家族A

Author:うたの家族A
 *
【うた】
トライカラーのおんなのこ
2010年11月20日生まれ
得意技:ほふく前進
好きな言葉:目的地(カーナビ音声限定)
 *
【うたの家族A】
うたのメイン世話係
ブログ担当
 *
【うたの家族B】
うたのサブ世話係
爪切り担当

月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
スニーカーでトレッキング旅《富士の恵みの部》
盛りだくさんだった
秋旅行レポもようやく最終。

2日目の午後。


トレッキング旅2日目最終地点01
☆三島大社☆

富士山を眺めつつ移動して、
三島大社を参拝したあと。

行きたくてもなかなか行けなかった場所、


トレッキング旅2日目最終地点02
☆どこかにうたとBがいます☆

三島の源兵衛川へ。

水遊び大好きなうた。やっと来れたよ!


トレッキング旅2日目最終地点03
☆テンション上昇中☆

源兵衛川の水源は、富士山の伏流水。
なので、とても透き通っていてキレイ。

ちなみに、水源のある楽寿園はわんこ立ち入り禁止。


トレッキング旅2日目最終地点04
☆絵本みたい☆

源兵衛川は、木道や飛び石が敷かれているので、
川の流れに沿ってお散歩できるという。素晴らしい!

11月に入っていて、さらに夕方だったので、
うたの水遊びは断念。
(入りたそうだったけど)


トレッキング旅2日目最終地点05
☆いつか行ってみたい☆

川沿いに、とてもオシャレなカフェも。


トレッキング旅2日目最終地点06
☆シッポ下がってるよ☆

木道と飛び石がずっと続くもんだから、

はじめは飛び石を歩けなかったうたも、
いつの間にかヒョイヒョイ歩けるように。


トレッキング旅2日目最終地点07
☆楽しいわー☆

たまに、背丈よりも低い橋をくぐったり。


トレッキング旅2日目最終地点08
☆なんかすごいぞ!☆

川から少し離れて、
住宅地を抜けて雷井戸に到着。


トレッキング旅2日目最終地点09
☆来てみてよかったね☆

大きな井戸からは、
透き通った水が湧き出てる。

無造作のようで手入れが行き届いてるのは、
地域の人たちが管理してるんだって。


トレッキング旅2日目最終地点10
☆少し雰囲気が変わったね☆

水の苑緑地に到着。


トレッキング旅2日目最終地点11
☆綺麗過ぎ☆

水が湧き出る池は、鏡。


トレッキング旅2日目最終地点12
☆日が暮れてきた☆

紅葉。
見どころがいっぱい。

もうすぐ日が暮れそうな時間だったからかな?
観光する人とはほとんど合わず、
夕方散歩する地元のわんこさん連れの人たちとすれ違うくらい。

ご近所わんこさん、うらやましいぞ!


トレッキング旅2日目最終地点13
☆吸い込まれるように立ち寄り☆

そして、岐路につく前に
メロンパン専門店『Melon de melon』でメロンパン購入。


トレッキング旅2日目最終地点14
☆うたは消化不良?!☆

トレッキング旅に相応しい最終地点だったね。

今度は水遊びできる季節に行こうね。


にほんブログ村 犬ブログ キャバリアへ
源兵衛がメインでもいいうたにピコっ!



うた旅行 | 【2017-11-28(Tue) 07:08:35】 | Trackback:(0) | Comments:(2)
スニーカーでトレッキング旅《富士山の部》
トレッキング旅2日目つづき。

午前中は点々と移動しつつ、
ちびちび歩いて干物を食べて。


トレッキング旅富士さん?01
☆足湯は微妙だった☆

次なる目的地をざっと決めて、
またまた移動。

その途中。


トレッキング旅富士さん02
☆おお!☆

富士山がとってもキレイ~


トレッキング旅富士さん03
☆ついつい寄り道☆

あまりにもキレイだったので、
十国峠レストハウスに寄り道。

ここのケーブルカーはわんこ乗車OKだけど、
今回の目的地ではないのでシビアにスルー。


トレッキング旅富士さん04
☆上手く撮れない☆

そして目的地到着。絶景なり。

日本最長の歩行者専用吊り橋『三島スカイウォーク』。

結構風が強かったにもかかわらず通常営業、
橋渡れますよーとのことだったので、来てみた。

で、大事なことは、


トレッキング旅富士さん05
☆備えあれば☆

吊橋を渡るとき、犬はバッグIN。
顔を出すのもNG。

カート貸し出し(フタできるタイプ)あり。


トレッキング旅富士さん06
☆めっちゃユレユレ☆

渡ってみると確かに、
狭くて揺れて人が多いので、
これ、わんこ出すと危ない。

しかもこの日、笑っちゃうほど強風。


トレッキング旅富士さん07
☆渡りきりました☆

もちろん、吊橋でなければバッグから出ても大丈夫。
11月14日に、橋を渡った先にドッグランOPEN。

思いのほかわんこウェルカム。


トレッキング旅富士さん08
☆今回神社まわり過ぎ☆

そして、次の目的地は三島大社。

よもぎ香る福太郎餅ゲット。


トレッキング旅富士さん09
☆うたといいます☆

三島大社には鹿がいっぱい
飼育されていて(神鹿園って言うらしい)、

うたに、すんごい興味津々!
みんなうたを見に来た!!

さて、そろそろ移動します。
次こそ最終目的地だよ、うたさん!

(つづく)


にほんブログ村 犬ブログ キャバリアへ
また移動かよ!うたにピコっ!




うた旅行 | 【2017-11-27(Mon) 07:01:01】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
スニーカーでトレッキング旅《2日目午前の部》
記憶が薄れてきたけど、
ようやくトレッキング旅2日目レポ。

1日目に比べ、2日目はあまり予定を立ててない。
ひとまず熱海観光ということで、


スニーカーでトレッキング旅2日目午前01
☆チェックアウト後☆

来宮神社へ。

境内まわりだけならば、わんこOK。


スニーカーでトレッキング旅2日目午前02
☆カラッとね☆

早朝に結構な雨が降ったにもかかわらず、
そこそこの強風のおかげで地面が乾いてる。

うた、よかったね!


スニーカーでトレッキング旅2日目午前03
☆青空だけど☆

引き続き熱海、姫の沢公園へ移動。

この頃、ますます強風に。


スニーカーでトレッキング旅2日目午前04
☆登ってます

姫の沢公園は、山の斜面に作られた公園で、
ちょっとしたハイキングができるらしい。

いざ。


スニーカーでトレッキング旅2日目午前05
☆登山靴でもよくなってきた☆

あれだけ雨が降ったのに、
落ち葉がガードしてくれているのか、
地面はそれほどぬかるんでない。

だけど、登れば登るほど道が険しくなり、
「ここ、しばらく誰も通ってないでしょ」ってくらい
背丈以上の草ボーボー。


スニーカーでトレッキング旅2日目午前06
☆あきらめた!☆

途中、草に完全に阻まれ撤退。

整備されたコースに戻り、ひと安心。


スニーカーでトレッキング旅2日目午前07
☆もうちょっと散策したい☆

1時間、歩いてないかなー。
アスファルトコースを回って次の目的地へ移動。

梅園で紅葉祭りが開催されていたけど、
もみじはまだ紅葉していなかったので、立ち寄り中止。


スニーカーでトレッキング旅2日目午前08
☆そして戻ってきた☆

なんだかんだ、いい時間になってたので、
ふたたび長浜海浜公園へ。

この日はなんと、


スニーカーでトレッキング旅2日目午前09
☆アジいっぱーい!☆

干物祭りが開催!
ひとり1枚、アジの干物が無料でもらえるという。

と、いうワケで、本日のランチ。


スニーカーでトレッキング旅2日目午前10
☆右はイカメンチ(さつま揚げっぽい)☆

昨日の夜から朝にかけて食べ過ぎで、
全然お腹が空いていないので、これだけ。

って、1泊2日の旅で、
アジの干物3枚も食べるって、どうよ(笑)

まわりを見てみると、おにぎりを持参して
干物を食べている猛者も。常連さんかな^^;

プラン的には、ここで干物を買って帰る予定だったけど、
干物はほとんど販売されておらず。

急いで帰る必要がなくなっちゃった。
となれば、別のエリアに移動しよう。

(続きます)


にほんブログ村 犬ブログ キャバリアへ
移動が多いよ!うたにピコっ!



うた旅行 | 【2017-11-26(Sun) 06:38:09】 | Trackback:(0) | Comments:(2)
スニーカーでトレッキング旅《宿泊の部》
スニーカートレッキング旅、続き。

午前は城ケ崎海岸
午後は小室山を歩き、


トレッキング旅 宿の部01
☆小室山山頂です☆

ちょこちょこ寄り道もしたので、
さすがに疲れがたまってきた。

休むにはいい頃合いになってきたので、


トレッキング旅 宿の部02
☆到着~☆

本日のお宿に到着。


トレッキング旅 宿の部03
☆おつかれさま☆

小さな旅館、『やどかり』。
(Webサイト音が出ます)

1室だけ、わんこ宿泊OK。

わんこは共有スペースに出さなければ、
あまり細かいことは言われない宿みたい。


トレッキング旅 宿の部04
☆着替えてないのでクレートイン☆

部屋はオーシャンビュー。

だけど、
宿の真ん前に伊豆半島のメイン道路が通っているので、
車の行き来する騒音が「かなり」うるさい。

っていうのが、このお宿の難点。

歩き疲れてあっと言う間に寝てしまったので、
夜中の騒音具合は不明。


トレッキング旅 宿の部05
☆もうすぐ日が暮れそう☆

そして、宿の道路を渡って真ん前は、
伊豆に来ると何かと立ち寄る長浜海浜公園。

まだ日が暮れてないので、ちょっと散歩。


トレッキング旅 宿の部06
☆グラデーションがキレイね☆

相模湾は、夕日ではなく朝日なので、
ギラギラではなく、ほんのり暮れてゆく感じ。


トレッキング旅 宿の部07
☆おつかれわんこ☆

お風呂に入って、ほっと一息ついた頃、


トレッキング旅 宿の部08
☆前菜☆

今回の裏メイン、旅館で部屋飯。


トレッキング旅 宿の部09
☆白魚の卵とじ☆

とにかく美味しいものが食べたい、
肉じゃなくて魚が食べたい、ということで、

魚料理の評判が良い宿を選び、


トレッキング旅 宿の部10
☆魚の種類覚えられなかった☆

その日に水揚げされた地魚いっぱい、船盛りコース。
これで2人前。食べきれるかなー


トレッキング旅 宿の部11
☆海老とアマダイ☆

料理はほぼほぼ魚介系。


トレッキング旅 宿の部12
☆お酒もっと飲みたいけど☆

ものすごく量が多くて、
まあお酒が進まないこと^^;


トレッキング旅 宿の部13
☆残った炊き込みごはんはオニギリにしてくれました☆

デザートがみかん!
でも、食べきれなかったので持ち帰るにはいいかも~^^;

口コミ通り、お料理はすごかった。

さて、翌朝。


トレッキング旅 宿の部14
☆かなり降った模様☆

明け方頃は結構な雨。雷もゴロゴロ。

大丈夫かいな、と外を見たら、
雲の切れ間から空が見えてる。

この調子なら、お天気大丈夫だと思うんだけど・・・


トレッキング旅 宿の部15
☆あーまたすごい量だなー☆

朝も魚三昧。

夜に引き続き、お腹が苦しい~


トレッキング旅 宿の部16
☆もうひと寝入り☆

ご飯を食べているとお日さま登場。
昼頃まで雨の天気予報、外れるんじゃない?

いい旅が続けられそうな予感。

(続く)


にほんブログ村 犬ブログ キャバリアへ
結構お泊り旅が好きなうたにピコっ!



うた旅行 | 【2017-11-25(Sat) 07:06:59】 | Trackback:(0) | Comments:(2)
スニーカーでトレッキング旅《午後の部》
今回の旅の目的は軽トレッキング。
うたと自分たちの体力と相談しつつ。

まだ大丈夫だったので、次の目的地へ。


トレッキング旅午後の部01
☆ここはどこですか☆

到着したのは、小室山公園。

どこの駐車場が一番いいのか分からず、
適当に停めた駐車場に一番近かった


トレッキング旅午後の部02
☆腰を傷めそうだけど楽しい☆

つつじ園からスタート。

つつじがトンネルになっていて面白いけど
完全にシーズンオフ。人がいない。


トレッキング旅午後の部03
☆ちょびっと☆

でも、一部だけ
季節外れのツツジの花が咲いていたりして。

ちょっとだけでも雰囲気味わえてよかったかな。


トレッキング旅午後の部04
☆前に見える小高い丘へ☆

つつじ園を抜けて、いざ、小室山の山頂へ。

リフトで山頂までワープできるけど、
何よりうたが元気なので、
上りは歩いてみようということに。


トレッキング旅午後の部05
☆道すがら☆

ん?恐竜がいる。


トレッキング旅午後の部06
☆バランス犬☆

乗ってみた。


トレッキング旅午後の部07
☆ばっちり整備されて歩きやすい☆

どんどん登っていくと、


トレッキング旅午後の部08
☆ほんとに誰もいない☆

またいた!

恐竜広場というらしい。


トレッキング旅午後の部09
☆なんとかドンとかなんとかザウルスとか☆

ちびっこは楽しいんじゃないかな。


トレッキング旅午後の部10
☆笑顔☆

食われてみた。


トレッキング旅午後の部11
☆ロングリードあったらねー☆

恐竜広場を抜けると、次は展望広場。
海を見下ろしナイスビュウ。


トレッキング旅午後の部12
☆ちょっと雲が多いけど☆

大室山もよく見えるね。

(富士山は見えなかった)


トレッキング旅午後の部13
☆クリックで大きくなります☆

そして程なく山頂に到着。

標高321mの景色。
キレイだね~


トレッキング旅午後の部14
☆道も歩きやすいしね☆

山頂までそれほど急な上りもなく、
結局、下りもリフトを使わず歩くことに。

リフトに乗るのも楽しいんだけどね。
今回はなるべく歩こう。


トレッキング旅午後の部15
☆手入れが行き届いている☆

下り道最後の方で見えた段々つつじ園。
これがぜーんぶ花になったらすごくキレイだろうなー。

(続く)


にほんブログ村 犬ブログ キャバリアへ
恐竜に乗らなくてもいいのでは?と思ううたにピコっ!



“スニーカーでトレッキング旅《午後の部》”の続きを読む>>
うた旅行 | 【2017-11-24(Fri) 06:56:04】 | Trackback:(0) | Comments:(2)
次のページ