プロフィール

うたの家族A

Author:うたの家族A
 *
【うた】
トライカラーのおんなのこ
2010年11月20日生まれ
得意技:ほふく前進
好きな言葉:目的地(カーナビ音声限定)
 *
【うたの家族A】
うたのメイン世話係
ブログ担当
 *
【うたの家族B】
うたのサブ世話係
爪切り担当

月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
股関節脱臼《専門医へ 夜間診療~入院》
19時45分頃、家族Bが車でかかりつけ医に到着。
うたはクレートIN。
移動中、姿勢を変えたときに痛みがあったようで少し鳴く。

20時30分頃、紹介先の病院に到着。
レントゲンのデータを渡す。

【診察内容】先生(当直医):D 、家族A:A

D:ホームドクターの診断通り、靭帯及び関節包断裂による股関節脱臼、
 素地として先天性股関節形成不全あり

D:まず、外科的処置を伴わない「外れた関節をもとの位置に戻す」方法がある
 →ただし、一度脱臼すると、戻したところで再発する傾向にある
 →特に、股関節形成不全の場合、正常な股関節よりも外れやすいため処置として不適合
 →処置の際、激しい痛みを伴うため麻酔を使用する=外科手術同様に麻酔のリスクは避けられない
 →なので、この方法は基本行わない

A:脱臼の痛みを再度与えることは一番望まない

D:外科的処置は次の3つ
(1)大腿骨頭切除術
(2)トグルピン法(靭帯再建)
(3)股関節全置換術(人口股関節置換)

(1)大腿骨頭切除術
  大腿骨頭を切除する(かかりつけ医に説明された方法)
  →切除した部分には繊維組織が集まり偽関節が形成される
  ≪メリット≫
  ・脱臼の再発が二度と起こらない
   →寛骨臼(かんこつきゅう・骨盤側凹部)に入り込む部分がなくなるので、物理的に脱臼しなくなる
  ・犬によく行われる股関節手術であり、機能回復率も良好
   →術後、すぐに歩けるようになる(むしろ歩いた方がよい)
   →リハビリ次第で相当の運動能力を取り戻せる可能性がある
  ・インプラントを埋入しない(合併症の心配がない)
  ・安静期間が短いため入院日数が少ない
  ・コスト低
  ≪デメリット≫
  ・骨を切り取るので、もとの形状に再建することは不可能
   →骨を温存できるに越したことはない 
  ・左右の脚の長さが揃わなくなる
   →手術した側の脚が短くなる(見た目と運動能力の問題がある)
  ・関節の可動域が少なくなる
   →走ったり跳んだりは可能だが、運動能力が落ちる可能性がある
  ・人間の脱臼では行わない施術
   →飼い主の考え方次第では抵抗あり
  ・リハビリが予後を左右する
   →犬の性格によってはリハビリが難しい
    手術した脚を使わなくなる=筋肉が落ち、ますます機能が戻りにくくなる
  ・もとの機能に近付くまで日数を要する

(2)トグルピン法(靭帯再建)
  人口靭帯をトグルピンという器具で止め、股関節を再建する
  ≪メリット≫
  ・骨を温存できる(正常に近い形で再建できる)
  ・脱臼前とほぼ同じ関節機能の回復が見込める
  ・骨頭切除よりも早く普段の生活に戻れる
  ≪デメリット≫
  ・人口靭帯が切れ、再脱臼する可能性がある
   →再度痛みを伴う、再度手術する必要あり
   →術後、激しい運動を控える必要がある
  ・インプラントを使用するため合併症の可能性あり
  ・関節包が形成されるまで運動制限がある
  ・入院日数が長い

(3)股関節全置換術(人口股関節置換 セメントレス)
  異常や障害のある股関節を人口の関節に取り換える
  ≪メリット≫
  ・他の外科的療法と比較すると、最も優れた機能回復を示す
   →アジリティをやってる場合など、運動能力をより回復したい場合などに有効
  ・人間と同様の術式
   →最先端の整形外科では人工関節置換を実施している
  ≪デメリット≫
  ・コスト高
  ・インプラントを使用するため合併症の可能性あり
  ・インプラント破損による再手術の可能性がゼロではない
  ・入院日数が長い
  ・臨床例が少ない


D:股関節全置換術については適合性を調べる必要があるので、
 再度院長からの説明を受けることになる

D:見立てとしては、もともと股関節形成不全があるため
 トグルピン法は再脱臼の可能性が高く、おすすめできない

A:どの方法になるにせよ、とにかく早く脱臼の痛みから解放してあげたい
D:翌日に治療方針を決め、当日14時から手術開始となります
 後ほど鎮痛剤を打ちます

D:いったん自宅に戻ってもいいし、入院してもよい どうしますか?
 入院の場合は、スタッフが24時間対応で診ています
A:移動の負担がかわいそうなので、また、何かあったとき
 すぐに対応していただけるので、このまま入院させてください

A:よだれが止まりません
D:痛いのでしょう 鎮痛剤を打てば多少落ち着きます

A:とりあえず晩ご飯だけ持ってきたので、あとであげてください
 →ドライフードとw/d缶を渡す
D:明日、入院中のご飯(3~4日分)を持ってきてください

A:今日、下痢をしていたので、薬を処方してもらい午前中に飲みました
 残り2日分の薬が出てます
D:術後の薬との飲み合わせもありますが、とりあえず明日持ってきてください

D:明日、院長から説明させていただくので、午前中に来てください
 診療時間は9時からで、そこから適合性等チェックするので、
 ご説明は10時以降になると思います。


診察終了。
病院にうたを預け、帰宅したのが22時30分。
手術について調べるも、意見まとまらず、埒明かず。

ここで考えても仕方ないから、
明日、院長先生の説明を以て方針を決めようということに。

(続く)


にほんブログ村 犬ブログ キャバリアへ
脱臼中でもご飯を完食したうたにピコっ!







 ☆   ☆   ☆

2017年6月6日(火)
今日のうー。

6月6日今日のうー01
☆エリザベスうた☆

朝、散歩の前。
廊下から、ガコッガコッとエリザベスカラーがぶつかる音。
うた、何やってんだ?と見に行くと、

階段を上ってる!あぶなーい!!

1段目には既に上り切って、
2段目に両前脚をかけているところで救出。
って、うたは救出された気なんてないだろうけど(汗)

うた、2階の寝室で寝ている家族Bを起こしに行こうとしたみたい。
それを知って家族B、そりゃあ~もう(笑)

股関節脱臼 | 【2017-06-06(Tue) 23:58:32】 | Trackback(-) | Comments(-)